HOME環境装置事業水処理関連事業 > し尿下水投入施設

し尿下水投入施設

公共下水道施設や集落排水処理施設が普及するに連れ、一般的に収集するし尿の量は減る傾向にあります。
従来のし尿処理施設では、一定の濃度や量のし尿が無いと施設の性能が維持できなくなることや処理コストがかかり過ぎる等の影響が出てきます。

極めて少なくなったし尿は、単独で処理するより同じ目的である下水処理施設へ混入処理を行った方が低コストで安定処理が可能となり、昨今では各地でこの処理法が採用され稼働しています。
し尿や下水処理の経験豊富なyamadaは、多くの実績をもとに、より良い投入施設を提案します。
し尿下水投入施設 処理工程図
処理工程図
し尿下水投入施設
し尿下水投入施設1
し尿下水投入施設
し尿下水投入施設2
し尿下水投入施設
し尿下水投入施設3