HOME環境装置事業水処理関連事業 > 現場施工報告 ”リンゴ皮むき工法”

現場施工報告 ”リンゴ皮むき工法”

現場施工報告 「リンゴ皮むき工法」

工 事 名
那覇浄化センター消化ガス管機械設備工事
作 業 内 容
球形ガスタンクの撤去工事 「リンゴ皮むき工法」
(説   明)                                                               
  今回の球形ガスタンクの撤去工事においては、「リンゴ皮むき工法を採用しました。外装鋼板をリンゴの皮をむく様に渦巻状に切断し、
自重で地上に降ろしていく解体方法です。球形タンクにおいては、沖縄県で今回が初めて実施する施工方法です。工期短縮が可能となり、
大がかりな仮設足場も不要、高所作業が減少することにより安全性も向上します。
                                                                  ※ベステラ株式会社特許工法 
12
①球形ガスタンク廻りの足場組立
 (枠組足場+防炎シート)

 ガスタンクの昇降用階段を撤去後にタンクの中段高さまで
 足場を組み、防炎シートを張ります。

 ※ガスタンク下部の切断は、中からガスにて切断するため
   火花が外に出ます。上部は外からガス切断するため外に
   は火花が飛散りません。よって防炎シートは赤道部まで
   設置します。
2
②下半球ボトム部撤去

 下半球ボトム部をガス切断し、着地させた状態で小切りに
 し切断します。
 
 ※上半球の鉄板をリンゴの皮むき状に地面に着地させて
   切断する為、先行してボトム部を撤去します。



32
③下半球撤去(リンゴ皮むき作業)

 高所作業車を使用し、下方から上方に向けて柱の溶接部ま
 でリンゴの皮むき状にガス切断を行います。
 着地後は小切りに切断します。




4
④上半球撤去(リンゴ皮むき作業)

 上半球の撤去においてはクレーンとゴンドラを使用して、
 最上部よりリンゴの皮むき状にガス切断を行います。
 下半球同様、着地後は小切りに切断します。




5
⑤赤道部周辺の解体

 赤道近くになると切断巾を小さくし、ニブラで固定させた
 状態で切り離し着地させます。
 赤道部は撤去部をレッカーで吊りながら約2mごとに分
 割切断します。




1f97a1746d1b144e13a6adad121da0ea
⑥柱・ブレスの撤去、足場解体

 赤道部分の撤去後にブレスを撤去し、支柱をガス切断にて
 撤去します。その後支柱のアンカーをガス切断し、撤去しま
 す。最後に仮設足場を解体し、作業完了です。