HOME > 会社の沿革

会社の沿革

history9
大正14年10月
山田文次により山田工務店として創立 (大阪市西区土佐堀通)
昭和23年 7月
山田工業株式会社に組織変更(設立・登記)
昭和34年
環境装置事業開設
昭和36年
式ロータリードラムスクリーン開発
昭和37年
式スクリュープレス開発、前処理装置として販売開始
昭和51年 4月
東京支店開設
昭和53年 4月
福岡支店開設
昭和59年10月
サノヤスグループに加入
平成12年 2月
医療廃棄物処理装置事業開設
平成12年 3月
し尿処理施設に於ける膜分離高負荷脱窒素処理方式(浄化槽汚泥対応型<生ゴミ液を含む>)の実証運転及び(財)日本環境衛生センターによる性能確認を完了。
膜分離高負荷脱窒素処理の営業開始。
平成13年11月
マイクロ波を用いた汚泥乾燥炭化装置を開発。
農業集落排水処理装置展示会に出展。販売開始。
平成23年6月
本社大阪市中央区日本橋へ移転
平成24年1月
サノヤスグループの再編により、サノヤスホールディングス株式会社の子会社となる